熟練と気配りが支える製造工程

当社製品(寝具、こたつ布団など)の一般的な製造工程をご紹介いたします。
厳選された素材が、以下の工程を経て製品になります。

製 綿

それぞれの商品に合わせて中綿を生産します。
寝具は用途や使用環境によって様々なので、サイズや重量はもとより耐久性、通気性、耐水性などを多方面から考慮して生産します。
弊社ではお客様のニーズに対応するため、多数の原綿から最適なものを選んで、あるいは丁合いして使用しています。

製綿

綿入れ

自動綿入れ機を使って布団の側地の中に中綿を入れてゆきます。
平均的に隅々まで綿を入れてゆくには熟練と、コンビを組む職人のチームワークもとても大切です。
簡単なようでとても難しい作業です。

綿入れ

吹き込み

専用の機械を使って、ふとんの側生地に原料を1マスごと吹き込んでいきます。
弊社で扱う吹き込み原料は、従来の羽毛の他、ポリエステルの吹き込み原料も増えてきています。
ここでの作業はほぼ手作業となる為、経験と高い技術が必要となります。

吹き込み

キルティング

中綿を入れた布団はそのままでは使用中に中綿と側地がずれたり、片方に偏ってしまったりすることがあります。
それを防止するために側地と中綿を縫い止めます。
製品の特性に合わせて、様々なパターンのキルティング・パターンを用います。
このキルティング・パターンは製品のデザインとしてもとても重要で、熟練した職人が、丁寧に仕上げてゆきます。

キルティング

ヘム巻き 〜縁の縫製〜

縁の強度を高めるために、商品によっては縁周りを縫製するヘム巻きという工程を行います。
1点1点熟練の工員が丁寧に加工してゆきます。

ヘム巻き

検 針

検針器に通して、製造過程で異物が混入していないか念入りにチェックします。

検針

検 品/出 荷

出来上がった製品は、ご注文内容と差異がないか、品質に問題はないかなど様々な項目を入念にチェックし、お客様のもとに出荷されます。

検品/出荷